読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MomozoBase

荒川を走る‼︎ロードバイク日記。ARCCレーシングのチームメンバーも募集中‼︎興味ある方はコメントもしくはmixiコミュニティまで。A.R.C.C. (荒川サイクリングロード部) http://mixi.jp/view_community.pl?id=6161447

第63回秩父宮杯 

レース

気になっていたレースでしたが、mekemekeさんが参加表明をしたので同じクラスで走ることに。
・結果/優勝 32:32秒 21.6km 39.83km/h
初参戦、市民レーサーCクラスは10.8kmのコースを2周回。
今年は例年のコースから逆回りになっているとの前情報だったので、2週間前事前に試走をしてイメージをつかんでおいた。
ポイントは2箇所ある登り区間。秩父CC入口から始まる2.2km高低差100mと下って登り返しの500mほどの登り。下りは少しトリッキーだが、2車線をフルに使うとかなりスピードに乗って早い。おもしろいコース。
最後2周回目に動きがあると思い、このあたりの勝負ポイントでは必ず前目にいるようにmekemekeさんと打ち合わせをしておいた。
9時スタート。市民Bから市民Cと順番に1分置きスタート。少し間隔が短いのでは?と思っていたら案の定、レース始まってめんどくさい展開になった。
1周回目。
最前列から。2名ほど逃げたいのか?少し離れた形になったので、メインも短距離勝負なのでまったり展開ではなくスピードを上げてあまり差が開かないように注意する。下り区間でスピードを上げて逃げを潰しておいた。そんな序盤だったので登り区間が始まる前、スタートして5分くらいしたところで市民Bに追いついてしまう。ちょうど2車線の左側をBクラス、右側がCクラスな感じ。こうなってはどうしようもなく、2クラスが混じったまま登り区間に入る。
まず10番手くらいなポジションで。まぁ予定してたくらいの強度だが登り途中から周りのスピードがグッと下がってきたので、この段階では余裕はあった。
・2分 381W
1回目の登りは10番手くらいでクリア。下りを目一杯スピードを上げてポジションを上げる。全体的にみな下りが遅いのでここはアドバンテージあり。しかしmekemekeさんは更にもっとすごいスピードで下っていった。
そのまま登り返し。mekemekeさんと一緒に最前列から登っていく。
・1分 330W
2周回。
いつの間にかBクラスの1人が5秒ほど前に逃げている。
ここでの集団はBクラス4名ほど、Cクラスが3名だったか?、少し遅れてメイン集団。
Bクラスは逃げを捕まえたいみたいだが、スムーズなローテーションにならない。どちらかというとCクラスが多めに回していただろうか?なんでって感じだけど、まぁどっちでも良かったので、まったりしないように積極的にローテーションして集団のスピードを緩めないように。
その状態のまま2周目の登りに入る。
ここで2位に入ったビーワークスの方が登りでいいスピードで上がっていく。強い。この強度では後が持たないので、目の前にいるmekemekeさんに指示して一定のペース強度に戻してまず最初の登りをクリア。
・2分 389W
下りはアドバンテージあり。明らかにこちらのほうが早いのでここで心理的に少し余裕ができた。
登り返し。順番はそのまま。ビーワークスの方が先頭、mekemekeさん、momozoと続く。
やはり登りが強い。mekemekeさんががっつり付いて行こうとしたのでペースを一旦落とさせた。それでもあまり逃げを許す訳にもいかないのでギリギリ足を残す強度で登りきる。5秒差くらいで最後の下り区間へ。
・1分 443W
ここまでで勝負は3名に絞られる。ビーワークスの方が先頭で5秒差、momozo、mekemekeさんと続く。
2対1なのでこちらが圧倒的に有利。しかし残り直線でmekemekeさんとローテーションしたところでmekemekeさんが着き切れ、ラスト500mを残したところで3秒差くらいで1対1に。
ここでスプリント強度まで上げて残り350mで追いつく。危なかった。ここからはいつものチーム練習通り。最後の仕掛けどころのポイントまで足を貯めて、確実に仕留めれる150m付近でスプリント開始。
前は反応がなかったので余裕を持って先着。
mekemekeさんも3位に入り、2人とも表彰台へ。すばらしい!!
予定してた筋書きからは少し違う展開でしたが、結果的に2人とも表彰台に登れたので良かったでしょう。
また、反省点としてはもう少し上の強度で登れるようにならないと、上位クラスだと対応できないのがはっきり分かりました。
また残りレースまでトレーニングをして頑張ります。

今日はけんたろうさんが応援に来ていただき、ゴールシーンもバッチリ押さえいただきました。
ありがとうございます。