MomozoBase

荒川を走る‼︎ロードバイク日記。ARCCレーシングのチームメンバーも募集中‼︎興味ある方はコメントもしくはmixiコミュニティまで。A.R.C.C. (荒川サイクリングロード部) http://mixi.jp/view_community.pl?id=6161447

ツールド宮古島2018 74km

2018年6月9日。

■結果 準優勝

ツールド宮古島へ初参戦。シーズン前半の大一番、ツールド沖縄の前哨戦的な位置づけとしてしっかりと調整して宮古島入り。当たり前だが空港に降り立った瞬間から暑さと湿気が強烈、また台風の影響で暴風も予想されレースは荒れそうな予感。

f:id:momozos:20180609101745j:plain

これが噂に聞くまもる君か。

今回、ARCCからは重田、山本、戸田、momozoの4名でエントリー。

ツールド沖縄は年代別になってしまうので一緒のカテゴリーで走れるのはなかなか無いチャンス。ちゃんとチーム戦を行い、逃げに乗れたら山本選手、スプリントになったらmomozoで一番を取れるようなレース展開を目指す。

前日、朝一の便で宮古島入り。受付を行い昼食は古謝そばへ。

f:id:momozos:20180609121551j:plain

時折、スコールが降る中、晴れの合間をぬって軽く試走へ。一番重要になるであろうラスト5キロのコース部分だけみんなで事前に展開を合わせておく。

終わってマックスバリューで明日の朝食など買い夜8時には部屋に帰り早めの就寝。沖縄前は緊張して眠れないことも多いが、疲れからか?あっさり就寝。朝4時まで全く目が覚めず目覚めはスッキリと。

6月10日

ホテルを5:15頃に出発し5:30には会場へ。その前に、今日のポイントとなるゴール前ラストのコース部分だけもう一度みんなで合わせておいて今日の風向きなどをチェックしておく。

f:id:momozos:20180610062653j:plain

6時過ぎにはもうこの場所取り。絶妙なタイミングで最前列をゲットできた。

f:id:momozos:20180610062648j:plain

今回事前情報があまりなかったので前日のパンフで選手リストを確認。やはり注意しないといけない選手は昨年チャンピオンの松永選手、沖縄でも強い宇野選手、あとやはりRoppongi EXの2名がチーム戦をしてくるだろうと予想。後手後手に回らないように集団前方でレース展開を確実に見ながら動けるようにしておく。

7:10、ロードレース74kmの部がスタート。パレード終わり直後にチーム光の松野選手と昨年チャンピオンの松永選手がファーストアタック。スタート直後だったのでさすがに集団も容認し次の展開を待つ。

その5分後くらいにチームメイトの山本選手が先頭付近に上がってきて「行ってきまーす」と逃げ2名を追っかけて行った。逃げる予定ではあったがこのタイミングか、、、と内心オカンムリ(怒)。すぐ戻ってきたら後で反省会ものだが、仕方ないのでそこからARCCで集団コントロール。あまり露骨に邪魔は出来ないので適度にローテーションを回していたら、事前情報通りあまり皆さんローテーションを回したく無いのか、いい感じにスピードは上がらず、逃げとの差は最大3分半くらいまで広がったようだ。

その後は逃げメンバーからは松永選手が戻ってきて、先頭は松野選手と山本選手の2名。途中、メイン集団からも5〜6名の逃げの展開は出来たが、それは行かせちゃまずいので戸田選手とmomozoで一定距離以上離れないように、でも少し脚も使って欲しかったのですぐには吸収せず泳がす感じで一定ペースを維持。

その第二グループも前半部分で吸収。そのタイミングでサイタマサイクルプロジェクトの富元選手が単独アタック。今回、展開次第では協調体制の予定だったので再度、集団をコントロールして富元選手をサポートするも程なくして吸収。まあ、ロッポンギ板橋選手も積極的に先頭を引いていたので少しでも脚を削ってもらえれば最後のスプリントので動きに影響するはず。

後半、南海岸部分は1、2分のアップダウン区間が続くコースレイアウト。毎年ここから本格的にレースが展開されるパターンが多いとのことで、やはりこの辺りから松永選手、また地元の沖縄の選手が登りでアタックを仕掛けてくる。しかし松永選手がアタックするとマークがキツく集団全体で潰しに行くのでARCCとしては逆に楽な展開。集団から遅れないように適度に脚を使いながら付いていくだけの作業。逆に板橋選手、遠藤選手は積極的にアタックに対応し一緒に逃げたい感じの動きだったが、集団もそこは行かしたく無いようでペースが上がったり、下がったりで結局アベレージスピードは中々上がらず、ますます逃げ濃厚な展開になってきた。

その間、逃げの2名、松野選手とARCC山本選手は残り15キロほどで松野選手がドロップ、山本選手の単独となっていた模様。

来間大橋付近を通過して残り距離も少なくなる。逃げが濃厚になってきたのでARCCのワンツーフィニッシュに向けて集団スプリントに向けた準備段階へ。

残り5キロの看板からコースも狭く、対向車も多くなり集団は落ち着かなくなる。事前にシュミレーションしていたパターンで山本選手がいないため、富元選手に戸田選手の番手に入ってもらい後は予定通りにスプリントの仕上げだけ。

残り2キロ、先頭はロッポンギ板橋選手、ARCC戸田選手で進む。後ろは番手争いが激しくなって危険な雰囲気に。

最終ポイントはファミリーマートの交差点の下りから左カーブに向けて。予定通り戸田選手に目一杯速度を上げて下ってもらい集団を伸ばしてもらう。先頭は戸田選手、チームKIDSの選手、富元選手、momozoの順番で最速で左カーブに突入。予定通り。

残り1キロ弱、軽い登り部分まで戸田選手に引っ張りってもらい残りベイルアウトで残り500m。この時点でKIDS選手、富元選手先頭だが右大外から宇野選手がアーリースプリントで飛んできたので、右に移動して宇野選手のラインに乗り換える。

残り300m弱、宇野選手が逆に左にラインを変えてペースダウン、若干予定外だったが残り200mまで待ってスプリントタイミングを計っていたら右サイドからなるしまフレンド村上選手が良いスピードで入ってくる。こちらは一瞬スピードが緩んだ状態だったので、そこから第二スプリントで再加速。きわどいタイミングだったが最後はハンドルを投げて何とか先着。

もちろん逃げていた山本選手が優勝、集団スプリントも獲れたのでARCCのワンツーフィニッシュで最高の結果となりました。

f:id:momozos:20180610143701j:plain

富元選手もきっちりと5位入賞、さすが!おめでとうございます。

f:id:momozos:20180610133823j:plain

終わって表彰式とふれあいパーティ。

最後まで宮古島の自然と人の温かさにふれ合えるレースでした。

f:id:momozos:20180610093330j:plain

本日の機材。

後ろの海が最高にキレイ!今回、台風の影響もあり海に入るタイミングはなかったが、 今度は家族旅行で遊びに来たい。

ひとまず前半戦の大一番を最高の形で終了。

一旦休養して、また秋のツールドおきなわに向けて頑張っていこう。

とりあえず、山本くんおめでとう!!  

山本選手 

yama-diet.hatenablog.com

宮古対策練2週目

レース対策週間2週目。

月〜金でインターバルローラーの2週目。強度設定に対し日々辛くなってくるがこれも想定通り。淡々と設定メニューをこなしていきレース当日まで体を作っていくだけ。

土曜はサガン練。荒川集合で6:45スタート。2周目まで早めのペースで特にアタックらしいアタックはせず40km/hオーバーの集団走行を淡々と走る。途中荒れた路面にフロントタイヤを突っ込んでしまったがパンクまでは至らず。2周目後半からアタック開始。逃げ目当てというよりは集団を小さくする感じで強度は低めにコントロールして。何発か打って3周目後半、yamamotoくんの交代時にラインを変えて逃げアタックを打った際に最初とは別の穴ぼこにフロントタイヤをはめてしまい今度は完全にパンクスローダウン。今日は完全に自分のミスでだから反省しかない。でもレース本番じゃなくてよかったわ。

帰宅して娘たちの運動会へ。長女は小学校最後の運動会、次女も応援団とほんとに色々と頑張っていた。親父も来週は頑張ろうと思う。

日曜はカラーズ練に参加。8時彩湖、今日は通常6周回をARCCバージョンで10周回に増やしてもらいスタート。今日は3回のスプリントポイントをどう立ち回るかが課題。どんな場面でも対応出来るように考えながら走る。

4周目のSPはyamaさんのラインに乗り換えてスプリントで先着。疲れで体のキレはまだ無いが、一瞬、短時間の反応は出来そうな感じ。6周目SPはyamamotoくんの番手から先に仕掛けて先着。10周目はtodaさん、sasakiさんのラインから300m弱の早駆けスプリント。瞬間64km/hくらい出ているので調子は上がっているのかな。

あと1週間、体の疲労を抜いてトラブル無いように調整してだけ。

宮古対策スタートです。

久しぶりのブログ更新、軽くトピックスだけ。

5/19はMy birthday‼︎ 毎年恒例のハルヒル遠征でチームメンバーに祝ってもらう。前日のタイムトライアルは13位と不完全燃焼。翌日メインのヒルクライムDNSしてさっさと早朝帰宅。そしてそのままカラーズ練へ参加。どこにいても練習できる環境はありがたい。

5/21から体力強化の3週間。初出場のツールド宮古島に向けてモチベーションとパフォーマンスを仕上げていく。

1週目、5/21-25はローラー沖縄メニュー1st Step。日を追うごとに疲労蓄積、でも体の中が徐々に変わっていくのが分かる久しぶりのこの感覚。

土曜はサガン練は疲労マックス。でもいろいろとテーマを決めて。1周目はペースアップ、2周目でアタック、3周目で仕上げな感じ。最後の詰めを間違えて少し反省。脚売り切れのNP317W。

f:id:momozos:20180526084452j:plain

定点観測。今日から本番用ボーラにて。

日曜は長柄練宮古島ver。長柄順周りを10周回、100k走。1-9周をペース走、ラス1フリーのチーム練。健忘的に周回ログを記録しておく。

18:02/16:11/16:59/16:06/16:48/17:09/18:07/16:40/17:15/15:21

1周目はアップ走。2周目からは大体16:00-16:30くらいのペース走。登り5.5倍、下りは頑張ってぶん回す走りでペースを合わす。でも信号待ちなんかでけっこう時間変動はあり。

ストフリーランはyamamotoくん1stアタックで集団減って、一人逃げ。早めに集団ペース上げて捕まえたところでtodaさんカウンターなど。大仏坂でmomozo貧脚アタックにyamamoto、todaが対応できてそのままカウンター。yamamotoくん、todaさんの2人逃げでも信号ブリッジで何とか合流。3人でラストパターン。でも追いついたところですでに脚無し。ローテスキップさしてもらい最後ちょい差しもあったけど、男らしくyamamotoくんローテ変わりにカウンター当てて一矢報いて本日売り切れました。最後はtodaラインに引っ張られたyamamotoロケット発射でまくられてフィニッシュ、お疲れさん。NP274Wなり。

あと2週間、付け焼き刃でも仕上げていく予定。

頑張ろう。

みんなのタイムトライアルジャパン4th stage

5月12日、土曜日。

今週もレースWeek。タイムトライアルジャパンの第4戦@下総フレンドリーパークに参戦。下総でのタイムトライアルは3回目なのである程度は慣れたもの。それでも今回は気付きが多いレースになりました。

スタート時間は10:58なので比較的ゆっくり目。7:30に家を出発、9:00には会場についてチームメンバーとの雑談タイム。9:30よりコースオープンで試走開始。3周回ほど流し、レースペースで走る。改めてこのコースの最短ラインを覚え直すように試走する。10:00よりローラーでアップ開始。10分流してから3分280W、1分350Wで強度を上げて10秒/10秒インターバル、420Wくらいの強度。これで心拍93%くらいまで上がったのでアップ終了。着替え、レース準備してスタート時間まで駐車場の坂を登って体が冷えないようにしておく。

10:58レーススタート。

本日も6周回の9キロTT。ほぼ無風のコースコンディション。セミクラシックと一番スタートの56さんのタイムを見ると全体的に早くなりそうな予想なので、1周2分前後を目安として走る。

今回の課題はポジションと速度。先週加須TTのような直線コースでないから気を付けないと頭の位置が動きやすい。直線TTほどは攻めれないので前方、目線を一定にして頭がブレないようにコース最短距離を計算して走る。

f:id:momozos:20180514131446j:plain

photo by hirakataくん

頭位置が少し高いが下総のコースレイアウトだと仕方ないか。

1周目、2:04、予定通り。ちょっと落として2周終わりで4:09、3周終りで6:15。ペースが落ち着いたのでこのまま維持を計算して12:30前後のフィニッシュを目標にする。4~6周回もこのペースでほぼ想定通りのフィニッシュタイムで完走。

■リザルト

第4位 12:28(トップ差24秒)  AV43.31km/h

あと2~3秒はテクニックで削れそうな感じだが、トップタイムに近づけるには30Wくらい出力を上げないと難しそうか?毎週のTTレースで走り方は慣れてきたが、その反面ペース配分を考えすぎて踏み込めてないのも新たな課題。このあたりはチームTTなんかで強制的に速度、強度の負荷を上げて行かないと体が覚えていかないかもしれない。

来週もハルヒル前日のタイムトライアルに参戦予定。

これでTTレースは今シーズン最終になりそうな感じかな。

ラスト、入賞目指して頑張ろう。

加須こいのぼり杯

5月6日、日曜日。

GW最終日、本日もタイムトライアルレースに参戦。今回は個人臨時登録年代別と臨時登録チームTTを走る。

6:30出発、8時前には加須未来館着。アップには少し早いのでぷらぷらと時間つぶし。だいたいスタート1時間前、9時ごろからアップの準備。昨日仕入れた秘密兵器の「ハッカ油」を塗ったティッシュを鼻に詰めてアップ開始。調子がいいのか?、「ハッカ油」のおかげか?、最大心拍172拍まで上がってアップ終了。

なかなかオススメのアイテム。

f:id:momozos:20180506173237j:plain

10:02、レーススタート。

今年も利根川河川敷の14kmコース。こいのぼり杯には珍しく弱風だった。

往路は軽い向かい風、復路は追い風。往路を突っ込んでタイムを削りたいので少し踏み込んで走る。往路は9:21、294W、AV44.7km/h、予定通りの折り返し。このまま復路を50km/hくらいで突っ込めれば良かったが。。

折り返してからはまったく踏み込めず、完全に前半がオーバーペースだった様子。そんなに突っ込んだ感覚がなかったが後半の数字がひどすぎる。9:42、278W、AV43.9km/h。

■リザルト

・臨時登録40-49歳  優勝  19:12  AV43.72km/h

とりあえず年代別はゲット。昨年からマイナス1秒くらいだから退化はしてないのが唯一の救い。

終わって1時間後にチームTTがスタート。あいだに表彰式があったりと割とバタバタなタイムスケジュール。アップ、ダウンする間もなく準備してたらスタート10分前になる。

11:26、チームTTがスタート。

事前にチームウェアの件でバタバタあったが気を取り直して冷静に。先週の茂庭っ湖チギレ事件もあったので序盤は落ち着いた強度に抑えておく。でも少し抑えすぎたか?、途中で後続に抜かれてしまい微妙な展開、往路はAV44km/hくらい。

逆に折り返してからは脚が残ってるので全体的に早いペース、後半AV47.9km/hくらいに乗せて行けて全体的には何とか18分台で走り切れた。今回は全員生き残り(笑)

■リザルト

・臨時登録チーム  第3位  18:24  AV45.64km/h

タラレバは無いが、もう少し上手く走れれば18分前半には持って行けそうな感じ。

f:id:momozos:20180506153104j:plain

本日の仕様。

フロントをtodaさんにお借りしたHEDのバトン。リアをCITEC8000で。今日はほぼ無風だったので問題はなかったが、もう少し風が吹いてる状況だとどうなるのだろう?

今月はあと2戦TTレースあり。そろそろお腹いっぱいな感じかな。アキテキタ。。

でも頑張ろう。

第3回茂庭っ湖ライン タイムトライアルレース

4月28日、GW初日。

第3回茂庭っ湖ライン タイムトライアルレースに参戦してきました。

東京から約300kmのロングドライブ。朝4時にtodaさん、shigetaさんをピックアップして福島茂庭っ湖へ。9時ごろ会場着。バタバタっと準備し先にコース試走から。風速4mらしいが試走したらそれ以上に感じる。その上で後輪はディスク一択だが前輪を90mmにするか、50mmにするか迷う。結句悩んだ末、往路の向かい風をしのげば後半は圧倒的有利になるので思い切って90mmを選択。最終的に後半タイムを縮められたのでこの選択が功を奏したかな。2周回ほどじっくりコースを試走してスタートを待つ。

f:id:momozos:20180428140203j:plain

前輪90mm、後輪CITEC DISC8000。

11時レーススタート。まず20代クラスから。

f:id:momozos:20180430165630j:plain

hirakataくん。

f:id:momozos:20180430165656j:plain

30代クラスはtodaさん。

f:id:momozos:20180430165727j:plain

shigeta兄さんはチームウエアではなく、、何で??

f:id:momozos:20180430165829j:plain

momozo。11:10、スタート。風向きが気になってちょっと緊張気味。

スタートしてすぐは軽い登りの向かい風。入りが400Wくらいで踏んでトンネル手前で脚がパンパンになる。少しアップ不足だろうか。そこからは300W程度に落ち着かせてあとは淡々と。往路の強風もタイミングよく前方から。横風じゃなかったので90mmでも踏ん張れた。

往路8:26秒、41.4km/hくらい。

復路は追い風。直近で投入した55T×11T、アウタートップで回し切る。このギア比が今日は有効に働き、追い風の恩恵も受け最後までペースを維持してフィニッシュ。

復路6:51秒、50.8km/hくらい。

■リザルト

年代別2位 15:17秒(トップ差22秒)

昨年より2秒遅れたが、今日のコンディション的にはまずまずの出来。

2時間ほど間を空けてチームTT へ。

shigeta、toda、yamamoto、hirakata、momozoのMAX5名エントリー。

このメンバーでチームTTを走るのは初めてなので、どこまで合わせられるか色々と考える。

13時、チームTTスタート。

todaさんに加速してもらい、タイムラインを切ったところからyamamotoくんへ。前半AV40km/hくらいを目標に上げてもらう。スタートしてhirakataくんが脱落、完全にアップ不足か。。トンネル内でmomozoへ交代、若干ペースを上げると後ろ、shigetaさんが少し離れているのが見える。まだ序盤なのでとりあえずそのままのペースで巡航、程なくしてyamamotoくんと交代、その際、後ろ2名が千切れたと、なんてこった。。序盤前半で2名になって大ピンチだが、あとはyamamotoくんと2名で淡々と回すだけ。前半を8:24秒、AV41.3km/hで走れたので後半は追い風に乗ってペースを上げてフィニッシュ。後半6:43秒、AV50.8km/hほど。

■リザルト

チームTT優勝 15:07秒

f:id:momozos:20180430172546j:plain

次回、加須TTに向けて課題山積ですが。。頑張りましょう^ ^

また、毎年ツールド沖縄、そして茂庭っこTTでお会いする熊谷さん、岸さんと今年もお会いすることができ、また秋の沖縄でお会いする事を約束!!

f:id:momozos:20180430141443j:plain

お土産まで頂いてありがとうございます!!

帰りにお礼を言えなかったのが残念ですが、11月の沖縄でお会い出来るのを楽しみにしておりますm(_ _)m

CITEC Disk wheel

4/16-22日の週報。

今週は火、水で大阪出張へ。それ以外は通常勤務で早めに上がれたので体調は良好に。

月曜に筋トレ、水曜にローラー、30秒インターバルのバーストパターン。400W/300Wを目標にするも上限がまったくかからず中途半端な練習に。木曜に2分走。こちらまずまずアップ込みで4本出来て上出来です。金曜は30秒インターバルを5本だけやって翌日に備える。

土曜はサガン練。今日もkumonプロ参戦でアゲアゲな強度で楽しい練習会。アタック込みでAV40.8km/h、NP318Wくらい。

日曜はTTT練からのカラーズ練へ。NEWウェポンが前日に届いたので早速装備して戦いへ。

f:id:momozos:20180422153555j:plain

CITEC Disc 8000 CL

ウルトラのいっこ下のグレードだけど、実測1023gと結構軽い。クリンチャーなので、最近気に入って使っているパナレーサーのジラーを装着しさらに軽量化。

f:id:momozos:20180421163541j:plain

こちらでほぼレース仕様のまま彩湖へ。

アップから明らかにペースが早い。特に45km/h以上の巡行が楽になるのを体感できる。

今日はshigeta、yamamoto、hirakarta、momozoの4名で。彩湖土手周りを3周回。先週に引き続き、機材を交換してからTTバイクに乗れてきた。AV43km/h、NP304Wとレース強度で良い練習。

来週は茂庭っこ。5人でTTTが楽しみだ。

頑張ろう。