MomozoBase

荒川を走る‼︎ロードバイク日記。ARCCレーシングのチームメンバーも募集中‼︎興味ある方はコメントもしくはmixiコミュニティまで。A.R.C.C. (荒川サイクリングロード部) http://mixi.jp/view_community.pl?id=6161447

今週のこと

11月最終週。年末は忘年会シーズン到来なので時間を見つけてトレーニングを行い、最低限のコンディションは維持したいと思う。

今週のログ。

月曜日はジムで筋トレ。オフシーズンは筋トレの疲労が多いが来シーズンに向けた準備なのでこれ大事。毎年筋トレのメニュー、重さなど変えながら何がベストか探す感じ。いまだに何が正解かわからないけど、まぁ趣味の範囲なのでそんなにカリカリしない程度に行っている。今年もポイントはスクワットかな。

火曜はお客さんと会食で完休日。

水曜は筋トレからのローラー。木、金もローラー練。

最近のメニューは30秒インターバルでベースアップ的なメニュー構成。400-300Wの上げ下げでアベレージ高めにするメニュー。上限が低めで精神的には気楽なメニューだけどインターバルを300Wに維持するのが微妙にキツい。10本もやると脚がマル焦げになって短時間でやった感はあるので精神的にはいい感じ。

土曜はサガン練。日の出時間も遅くなってきたので開始時刻を30分遅らせて7時スタートで。結局二部練の8時には終わらなかったので、次回はあと15分前倒しするか。

今日はマラソン大会があるらしく、コース途中のセンターラインに赤いコーンがいっぱい設置されてなかなか危なっかしくなっていた。往路のアップ走行で位置確認を行い危険がないように十分注意する。

そんな状況なのであまり展開になりそうなパートはなく、コーンがなくなる一部のコースを使って散発的なアタックを繰り返し、コーン部分後半で合流するのを繰り返し集団でラストまで。最後も安全にスプリントしてyamamotoくんに刺されて終了。

日曜はカラーズ練からのTT練。

カラーズ練はいつも通り3周巡行してからアタック合戦。番手が悪かったのか、今日はアタックしても放置状態でなかなか集団も小さくならずつまんない。4周目のスプリントまでyamamotoくんと逃げたけどtodaさんが集団を引っ張ってきたので、imanishiくんを逆に引っ張り上げて最後を面白くしておいた。自分はもちろん足なしでスプリントに絡めず。

ラストスプリントは良い番手で残り200m弱、takaさん、momozo、yamamoto、imanishiの順。後ろに合わせて発車準備完了、のほほんとしてたらshigeta兄さんが横からズドンと飛んできてそのまま逃げ切られて先着。久しぶりに完璧にやられました、今日は完敗です。

終わってTT練。彩湖土手上下を3周回。入りから脚が重いのでかからない。こういう時はなるべく空力を意識して風と友達になろう的な走りで頑張るトレーニング。ログを見返してみると前回とタイム、出力とも変わらずだった。このくらいのペースだと好不調あっても合わせられるのかな。

来週から忘年会シーズン到来。体調だけは注意しなければ。。頑張ろう。

みんなのタイムトライアルジャパン 1st stage

11月24日、タイムトライアルジャパンに参加。

・第4位(OPN入れると5位)13:02 41.43km/h (TOPとの差35秒)

今年から複数戦になったようで、その第1戦。場所はしもふさフレンドリーパーク。いつもロードレースでは走っているが、タイムトライアルバイクでは初めて。タイトではないがコーナーリングと登り、下りもあり単純なタイムトライアルではないので、ベストタイムが出るまでテクニックが必要かも。とりあえず試走の段階で色々なライン取りを試して安全かつ最速な走りが出来るようにしておく。

7:40家を出発、少し渋滞もあり9時に会場へ。混んでても1時間ちょっとで到着するので近場のレースはありがたい。子供たち今日は小学校の記念行事で頑張ってるので単身で。

受付してローラーでアップ。今日からNewローラー。

f:id:momozos:20171126164535j:plain

ミノウラFG220。

インターバルトレーニング出来るまでの負荷は掛からないが、330Wくらいまでは出せるのでレース前のアップには最適。いちいち後輪をローラー用に交換しなくてもいいので利便性も高い。

機材のせいか、久しぶりにアップで173拍くらいまで上げて暖気終了。イナーメオイルのCXを塗って11:04のスタートまで待機。

スタート台は一応高台になっていて補助もついてくれたが、おせいじにも補助の方が上手くなく、車体が傾いた状態で押さえられており始めから不安いっぱい。案の定スタートで倒れそうになり、クリートを外してなんとか持ちこたえる。もはや笑うしかない状態で10秒ほど遅れてスタート。結果的に計測ラインから測られているのでスタート時間は関係ないのだが、気持ちいいものではない。まぁ今回は練習と思って気持ちを切り替える。

レーススタート。

クラシッククラスは6周回、約9キロ。タイムトライアルにありがちな直線コースだと極力、頭を下げて空気抵抗を少なく走るけど、しもふさはカーブも多くあまり攻めた走りが出来なかった。

f:id:momozos:20171125204615j:plain

しっかり前を見て安全運転。

2周回目くらいで山倉選手に追いつかれて、ペースもほぼ同じだったのでドラフティングにならないように上手く後ろで走らせてもらう。

山倉選手はタイムトライアルのスペシャリストなので、その走り方、ライン取りをトレースさせていただきいい勉強になった。

なぜか1周多く、7周回走って終了。次回はちゃんと出し切ろう。

f:id:momozos:20171125115914j:plain

今回この仕様では無く、ホイールを重田兄さんにお借りしてロバール50mmに変更。

TTバイクでもホイールの軽さがわかるくらい登りがギア1枚違う走りが出来る。今度ぜひロードでも登りあるコースで使ってみたい。

次戦は1月27日。

第29回ツール・ド・おきなわ2017

2017年11月12日。

今年も4連覇がかかった沖縄に戻ってきた。

チャンピンゼッケンの3001番を付けて市民レース50kmフォーティーを走る。

f:id:momozos:20171111155626j:plain

昨年同様、前日はチームメイトの重田兄さんと軽めの試走、ゲン担ぎでいつものお気に入りスポットで記念写真を撮る。

去年3連覇は出来たが、年々レースレベルが上がっている事と、昨年2位のチェン選手のスプリントパワーは圧倒的すぎて肉体改造を実施。今年オフシーズンは筋トレ量を増やしMAXパワーの強化に励んだ。そのトレードオフとして体重が3kほど増加し、今シーズンは登りあるレースでなかなか勝ちきれず精神的にも上向きとは言えなかった。しかしジャパンカップが終わり、レース1か月前くらいからスプリントトレーニングに練習内容を切り替えたあたりから調子も上向き、何とか本番までには間に合わせた感じ。

今年の目標はどんな展開、どんなスプリントになっても確実に勝てる事を課題としレースに望む。

今年も朝早い便で土曜入りしたので金曜からほぼ寝れず、レース前夜も0時くらいまで寝付けなかったが、3時半の起床までは深い眠りが出来て少し安心した。

ホテルを4:40頃に出発し5:00には会場着。重田兄さん、山本くんと待ち合わせして名護漁港内で軽くアップ、6:30には集合場所へ行く。

f:id:momozos:20171112064755j:plain

この人たちが怖いのです。

今回注意していた選手はやはり昨年2位のチェン選手。元オリンピックロードレースの台湾代表。ガチスプリントの勝負はしたくない相手である。

昨年3位の谷口選手と30代から上がってきた宇野選手はチェン選手にも引けを取らない身体のデカさがあり、真っ向勝負になればどんなパワーを出してくるのか怖い存在。

あと注意するのは鷹組安藤選手とSPADE ACE岡野選手、この2人はすごく走りが上手く、確実にスプリント勝負は絡んでくるので要注意。

このあたりをマークするように走りレース終盤の国道58号線までは安全に展開したい。特にジャスコ坂越えた残り5kからは2年連続で落車で足止めを食らっているので、足を使ってでも前方をキープしたいところ。最後はやはりスプリント勝負になるのでそれは望むところ。とりあえず落車DNFだけは避けたい。

今年の気温は21度前後。珍しく肌寒い中、7:06、レーススタート。

今年はパレードランがなかったのかな?さっそく2名ほど逃げているが集団は割と落ち着いてそんなにペースも上がらず逃げに谷口選手がブリッジ。これはアップ兼ねての走りかな?程なくして集団に吸収。このあたりも危険回避のため、ほぼ先頭付近でローテーションに加わって走る。本部大橋に入る前に一度後方で落車あり。

本部大橋を下って美ら海水族館へ。スプリントポイントはないがもちろん集団のペースは上がる。全く苦しくはないが、何か例年感じる体の軽さは今年はない。

今帰仁村に入った辺りから先にスタートした年代の遅れ組が多くなり集団はそれを抜くのに少し落ち着かなくなるが、このあたりもほぼ先頭付近をキープして走る。たまに散発的な逃げが発生するがほぼ見える位置に確認し走っているので問題なし。このあたりまでに宇野選手、谷口選手が逃げたいのか、集団を削りたいのか、積極的にアタックをかけていたのが印象的。まだ中盤なので落ち着いて対応する。

今年は最初の落車があった以外、比較的スムーズに残り距離を消化。でも今年はペースが遅かった。そりゃそうだろう。毎年、毎年、最後は集団スプリントになっていれば逃げを打つ気力もなくなるだろうな。やはり50kの短距離勝負でほぼ平坦基調、スプリンターを決めるレースなので、そこは割り切って参加すればいいんじゃないかなとも思う。

今帰仁のスプリントポイントも淡々と消化して残り10km、海岸線を走り国道58号へ。

ここからは危険地帯、いつも通り集団はペースアップする。ここからは先頭付近を確実にキープ。もちろん足を削りながら走ることになるが、今年は追い風基調なので幾分かマシか?

残り5km、旧ジャスコ坂を下ってからは集団もさらに高速に。アタック気味にパラティアムTOKYOの山本選手が単独逃げ。少し落ち着いた集団とのタイム差は15秒弱くらいまで広がったか?なかなか差は縮まらないが、ここからまた集団のスピードは上がってくるから宮里のカーブを曲がり切る手間くらいでは吸収されるはず。結果、予定通りに捕まえることになった。

残り距離、3キロあたりか?まだ集団は50名以上いたように思う。残り距離の看板が出るごとに集団左右から選手が前方に上がってきて位置取りはさらに激しくなる。危ない予感。案の定、後方で落車音。先頭を走っているので今年は問題なく危険回避出来たが、昨年あたりの20番手前後を走ってたら確実に巻き込まれていただろう。また国道入ってからチームメイトの重田兄さんを見ておらず、この落車に巻き込まれていないか不安がよぎる。 

宮里交差点カーブを2番手で通過。曲がり終わって残り500mだからこのポジションは普通に考えればミスポジション。でも今年はどんなパターンでも勝ちきれる練習をしてきたから全く問題なく、逆に周りの状況を確認しつつスプリントタイミングをうかがう。

狙い通り残り300mでアーリースプリントが1名。予定通りに番手について引き上げてもらう。この動きも折り込み済み。

残り200m、すでに50km/hオーバー。そのタイミングで重田兄さんが左手からスプリントで登場。一瞬、目が合い、チームダブル表彰台が頭をよぎった。ここが最高に興奮した瞬間。

重田兄さんを横目に見つつ定石通り200mでスプリント開始。右手から3位に入った岡野選手もほぼ同時くらいだったか?瞬間、スプリントスピードを確認し問題ないことをチェック。

150mあたり、左側から上がってくるチェン選手を確認。ものすごいスピードだけど残り距離が短すぎるからギリギリ捲くられないのを確認し、ここでほぼ優勝が確信出来た。

最後、本当はガッツポーズでもしてゴールラインを切れる余裕があればいいのだが、念のためハンドルを投げておく。

f:id:momozos:20171114010118j:plain

photo:Satoru Kato

ゴールラインを切ってからガッツポーズ。

f:id:momozos:20171112155817j:plain

4連覇達成。 

今年も最後は力と力のスプリント勝負。上位陣はみんな強かったが、やはり今年もチェン選手が抜群に強かった。

重田兄さんも6位入賞。来年は50代クラスでチャンピオンを目指して欲しい。

f:id:momozos:20171112163044j:plain

今年はARCCメンバーで各年代、カテゴリーのレースに参加。特に100kクラスは落車の影響もあり大変なレースになったみたいだが、みんな大きな怪我なくレースを終了出来てまずは一安心。

ひとまず今年もツールドおきなわでシーズン終了。

4連覇。昨年、「来年はどうしようかな?」と考えていたが、ここまできたら勝ち続けられるまでツールドおきなわは狙っていきたいと考えるようになった。

また今年もこのレースで色々な課題が見えてきたので、また新たに来年チャレンジャーとして沖縄に戻ってこれたら良いかなと思う。

今シーズンも一緒に練習してくれたサガンメンバーの皆さん、ARCCの皆さん、長柄練の皆さん、カラーズの皆さん、本当にいつもありがとうございました。

まだまだ頑張りますので、引き続き来シーズンもよろしくお願いしますm(_ _)m

カラーズ練

11/5日、日曜日。

おきなわ前、最後のチーム練。8:00スタートで彩湖集合、今日はカラーズさんの練習会に参加させていただく。

ARCCのチームメンバーはshigeta、yamamoto、kumon、toda、shitou、nakaya、dai、shima、go、kobayashi、hirakata、hamazaki、と多数。。カラーズさんより多かったよう。

今日は土手上が向かい風、だんだんと冬の季節が近づいてくる。いつも通り6周回で4、6周がスプリントポイント。昨日同様、ゴールスプリント狙いだが、kumonさん登場でそんな上手い具合にならない予感。案の定、1周回目からアタックがかかりペースが上がる。大人数で少し人数を削りたかったが、2周目終わるころには10名弱くらいになっていた。4周目、土手上でkumonさんがアタック、yamamotoくんが合流したので単独ブリッジをかけておく。しかし土手上は強風だからペース上がらず、少しして集団が追いつかれた。追いついた間際にまたtodaさんがカウンター、さすがにキツイが調子も良く今日は付けない事は無い。そのままの人数で土手下の下り、集団が伸びる。

下りきってyamamotoくん早掛けでshimaちゃんがドッキング。この時まだ集団後方に位置していたので距離がある。shigetaさんに番手を上げてもらい、ここからスプリント。追い風パワーもありyamamotoくん、shimaちゃんをギリギリで刺してまず先着。

5周目もkumonさんアタック、これで完全に集団崩壊。6周回目の土手上で再度kumonさんが単独逃げ。これ以上動かれると最後のスプリントに影響するので、yamamoto、shima、goさんと4名で回して土手下で吸収。最後はshima、go、momozo、yamamotoのラインからスプリントして先着。

f:id:momozos:20171105090006j:plain

今日はこんな強度の予定じゃなかった面々。。

f:id:momozos:20171105090003j:plain

カラーズさんより人数が多かったような。

f:id:momozos:20171105090228j:plain

daiちゃんの泥除けが秀逸すぎて、今度買ってこよう。

今日もみなさん、お疲れさまでした。

おきなわ、2週間前トレーニング

10/30日週のログ。

ツールド沖縄まであと2週間。今週も決められたトレーニングメニューを淡々とこなす。

月曜、ローラー練、30秒×10本。

火曜、ローラー練、30秒×10本。

水曜、ローラー練、30秒×10本。

木曜、ローラー練、30秒×10本。

金曜は祝日。天気が悪ければローラーだけど朝起きてギリギリ走れそうだったので、iwaseさんの呼びかけもありメンバー数人で荒川左岸へ。いつものコースを2周回、軽めに流して最後スプリントのかかりを見ておく。

土曜はサガン練。今日はメンバー濃いめでやる気が出る。きっちりスプリント3本取って来週のレースに弾みをつけたい。

メンバーはshigeta、toda、hosoya、noguti、yamamoto、kumon、dai、shima、kobayashi、hirakata、imanishi、momozo、今回初参戦のmorisakiさんの全13名。

いつも通り半周アップ後リアルスタート。

今日もトレーニング目的はスプリント3発のみ。先週と違いアタッカーがたくさんいるので、後手に回らず乗り遅れないように、最後スプリントの位置取りを失敗しないように心がける。

1本目、kumonさん、imanishiくんが元気にペースを上げてくれるが、今日は人数多めだからなかなか分裂するまでは至らない。最後は横からトレインで上がってきたyamamotoくんの番手に入ってスプリントするが、距離が短くまくり切れず2番手止まり。

気持ちを切り替えて2本目。相変わらずkumon、imanishiが積極的に動いてくれる。往路でアタックがかかりyamamotoくんもそれに同調、逃げが形成されたので念のためブリッジして合流しておく。が、すぐdaiちゃんが集団を持ち上げてきて振り出しに。最後はtodaさんの番手をkumonさんと争ってスプリントで先着。

3本目ラスト。序盤は少し落ち着いた展開。後半にアタックが散発してスピードの上げ下げが強いがいつでも動けるポジションは必ずキープしておく。最後は横から上がってきたnogutiさんの番手についてスプリントで先着。

沖縄前、最後のチーム練。今日は体も良く動いて最後の展開は確実に絡んでいける状態まで持っていけた。

あと1週間、ここからは疲労を抜いて週末にピークを持っていけるよう頑張っていこう。

泣いても笑っても日曜日が本番だ。

おきなわ、3週前トレーニング

10/23日週のログ。

ジャパンカップも終わり、今シーズンはツールド沖縄を残すのみ。あと3週間、毎年のことだがこの時期が一番大事な期間と位置づけて淡々とトレーニングメニューをこなす。

月曜、ローラー練、30秒×5本。

火曜、ローラー練、30秒×20本&Tabata

水曜、ローラー練、30秒×20本&Tabata

木曜、ローラー練、30秒×20本

金曜、ローラー練、30秒×20本

土曜はサガン練。昨日のローラー練が疲労感ピークで今朝は意外にスッキリと走れそうな感覚。6:30集合、もうこの時間だと肌寒く、長袖と膝下ウォーマーを着けて集合場所へ。

久しぶりのサガン練。shigeta、hosoya、noguti、yamamoto、dai、shima、kobayashi、hirakata、momozo、意外に初参戦のtodaちゃんと、沖縄前に大勢集まった。

いつも通り半周アップ後リアルスタート。

今日のトレーニング目的はスプリント3発のみ。適度にローテーションを回してスプリント前の位置取りを失敗しないように心がける。

1本目、スタートからyamamotoくんが番手に付いているからフェイクかけようかどうしようか迷うが、まだ1発目なので正攻法に残り150mくらいからスプリント開始。案の定、付き位置されて最後はサクッと差し込まれる。

気持ちを切り替えて2本目。今日この後にマラソン大会が予定されているらしく、コース上にコーンが並び始めて、その作業もあり危険回避でスプリントは一旦中止。

3本目ラスト。最後は気持ち良くポイントを頂きたいので、入りからyamamotoくんの番手付近に位置取って走る。yamamoto、momozo、shigetaの並びで最終展開。残り300くらいからnogutiさんが早駆けで横から上がってきたので、見計らってその後ろにジョイン、流れでSPポイントまで待ってyamamotoくんと同時に発車。yamamotoくん、ギア1枚足りなかったかな?あまり伸びず最後は競り勝って先着。

f:id:momozos:20171028082518j:plain

今日からBORA50mmで沖縄まで。久しぶりだが軽いし伸びるし、いい感じ。

沖縄に向けてあと2週間。悔いのないように最終調整していく。

頑張ろう。

ジャパンカップチャレンジ

10月21日、土曜日。

今年もジャパンカップチャレンジレースに参戦。今回は強豪多い第1組です。

連日の雨模様で路面はウェット。古賀志林道の下りがスローペースになり、登坂力が勝負になりそう。登りが得意でない私としては今年は厳しいレースになることを予想。

5:30、シマちゃん、きょうへい君と一緒に出発、7:30には森林公園の駐車場着。受付終わって雨仕様の準備したら8:30、9時頃には整列したいので30分ほど鶴カンの登りで軽くアップして整列待機へ。アップ不足と気温は18度くらいだが1時間ほど待ち状態だと体が冷える。さらにチャレンジレースは2周回の短期勝負なので強度も高く、それを見越した準備がもっと必要だった。全く準備不足のままスタートラインへ。

9:50レーススタート。

毎年のことだがスタートから早い。出来るだけ前方に位置して古賀志の登りへ。EQADSの選手中心に登りすぐペースが上がり自分的にはオーバースピード。余裕(笑)で見送ってギリギリマイペースで1回目の古賀志を登る。

・古賀志1回目3:35秒

先頭グループは3:20秒弱くらいか?20番手くらいで下り区間へ。下りは速度差がバラバラでペースを上げきれず、レース前から予測してあったので仕方ない。下りきった後の第2グループは10名弱が形成され30秒前方に先頭グループ6名。見えているが追いつかないだろうと思い、ここからは第2グループの頭を取ることに切り替えて走る。

2回目の古賀志へ。

第2グループということもありガクッとペースが下がる。遅い自分でも特に切れるわけもなく淡々と登って山頂へ。

・古賀志2回目3:54秒

f:id:momozos:20171022170014j:plain

下りは慎重に走って小集団まま田野交差点へ、集団は15名ほど。これからある2回の登りでのアタックを見据え対応できる前方で走る。予想裏切り登りでは動きはなくラスト500m。こちらとしてはスプリント勝負が有り難い。右車線から上がっていき森林公園に入る最終コーナーを2番手で曲がり残り150m。いつもの調子がったらごっちゃんスプリントだけど、踏み込んだ瞬間左ふくらはぎが攣ってしまいスプリント出来ずにそのまま流してゴールまで。4人に抜かれて12位でした。

過去、何回か左ふくらはぎの攣りは経験しているけど、毎回寒さと序盤の高強度が影響していることが大きいかった。今回も同じようなコンディションだったので、もう少し注意して準備しておかなければならないはずが、、。次回は同じミスをしないように気をつけようと思う。

f:id:momozos:20171021113330j:plain

しまちゃんは4位入賞、おめでとうございます。

今シーズンラストはツールド沖縄を残すのみ。

あと3週間、悔いないように準備していこう。